パソコンについて

1、パソコンを知る 本体について CPU メモリ HDD グラボ

パソコン購入時には4つのパソコンの機能を確認してください。

CPUは脳です。仕事をする人の頭の良さ これが良いほど仕事が速い♪

Intelの場合
Celeron⇒Pentium⇒Core i3⇒Core i5⇒Core i7
AMD
Athlon⇒Ryzen3⇒Ryzen5⇒Ryzen7
右に行くほど頭がよくなります。一般的に○○○7を買った方が早いですが、中には省電力使用や10年以上前のi7の場合、性能では今のCeleronより遅い場合もあります。

メモリは仕事をする作業面の大きさです。※いがいとこれが大切‼

Windows10では4~8GBを推奨をしています。実際のところゲームや動画編集をしないなら4GBでも十分たります。使うソフトにもよりますが、処理時間が変わりますので多い方に越したことはありません。動画編集をする方は多ければ多いほど時間を短縮できます。私は64BG積んでいます(笑)

HDDとSSDは作業を保管する場所。多い方が作業も楽になる。

HDDとSSDの違いは速度です。HDDに比べると読み込み書き込みが3倍以上も早くなります。
1分以上かかるパソコンも20秒で立ち上がるわけですが、SSDはHDDに比べても壊れやすいのが現実です。
※壊れた際はSSDはデータ復旧が高い‼SSDはデータ復旧ができない場合が多い‼
SSD利用の際は必ずバックアップをお勧めします。

グラボ 映像の処理速度 

エクセル・ワードしか使わない場合は必要はあまりありません。
フォトショップ、イラストレーター、プレミア、アドビのソフトの場合
グラボの性能が低いやグラボがないとガウスの設定やソフトの機能が使えない機能があります。
ゲームの場合
動かない・遅い・カクついてできない場合もあるので、したいゲームの推奨スペックを確認しましょう。

まとめ パソコンはバランスが大切♪

新品でも中古でもバランスが大切です。i7でもメモリが4BGでHDDだとPentiumのメモリ8GBのSSDと比べたら遅く感じてしまいます。
もちろん思いソフトを動かすときはi7の方が早いのですが、立ち上げるネット観覧をするくらいなら安いPentiumの方が早いです。
実際i7で16GBでSSDで20万位の物を買えば間違いないのですが実際そんな性能のパソコンは9割の人は必要がありません。
自分の用途に合ったパソコンを買う事をお勧めします。

タイトルとURLをコピーしました