お知らせ

Windows7の終了が近づいています。

Windows 7 のサポートは

2009年に発売されたWindows 7は、販売元のマイクロソフトから2020年1月に延長サポートを終了すると告知されています。OSのサポートが終了するとセキュリティ更新プログラムなどが提供されず、ウィルスなどの危険からパソコンを守れない状態になってしまいます

サポートが実は切れているかも⁉

Windows 7はメインサポート2015年1月13日(サポート終了) し、 延長サポート を受けることでサポートされています。延長サポートの条件は Service Pack 1 インストールしている事です。

Windows7でもサポート期限が切れている方 が多いんです。

Windows 8もサポートが切れている⁉

Windows 8は 2016年1月13日 (サポート終了)し Windows 8.1の導入により、サポート期間は2023年1月11日まで延長され、セキュリティ更新プログラムを引き続き受け取れます。

パソコンはWindows8.1と表記されていますか??アップデードされていますか?

バージョン メインストリーム サポート終了 延長サポート終了
Windows XP 2009年4月14日 2014年4月8日
Windows Vista 2012年4月10日 2017年4月11日
Windows 7 2015年1月13日 2020年1月14日
Windows 8.1 2018年1月9日 2023年1月10日

サポート終了するとどうなる??

サポートが終了すると、ウイルスの感染や、個人情報の漏えいなどのセキュリティリスクが高まります。さらに、OSのサポート終了と合わせて、各アプリケーション(ソフトウェア)の機能更新プログラムの提供や旧OSでのサポート対応が受けられなくなるといった可能性も出てきます。

パソコンが壊れていないからといって、サポート期間が終了したパソコンを使い続けるのには、さまざまなリスクがあります。日々、外部からの攻撃にさらされているといっても過言ではありません。

ページ上部へ戻る