Windows7はサポート修理しています。

マイクロソフトによるWindows OSの延長サポートは、Windows 7は2020年1月14日で終了済み。Windows 8.1は2023年1月10日に終了となります。
以降はマイクロソフトよりセキュリティ更新プログラムの提供が行われなくなります。

サポートが終了するとどうなるのか?

セキュリティ上のリスク

セキュリティ上のリスクが非常に高い。「サポート終了後」はよく言われることですが、当然OSに脆弱性などの問題が出ても修正パッチなどの適用が出来なくなりますので、それを不正に悪用した攻撃などに対して防御できないなどのセキュリティ上の大きなリスクが発生することになります。また、ブラウザやその他のソフトウェアについてもOSと同様に最新版の利用が出来ないケースもあり、同じようにセキュリティ上のリスクを抱えることになります。

サポートが終了したパソコンを使い続けることによって、ウィルスやマルウェアに感染する可能性が高まり、リスクが発生します。

個人情報が漏洩する

パソコンの中にあるデータが盗まれて不正に利用される可能性があります。マルウェアにはユーザーのキーボード入力を監視するものや、パソコンの画面のキャプチャや個人情報をインターネット上に流出させるものもあります。

これによりインターネットバンキングやWebサービスのIDやパスワードを収集されたり、クレジットカードの番号などが流出したりする恐れがあります。

実はWindows10でもサポートが切れてる

Windows10バージョン1909は2021年の5月11日に切れています。
バージョンアップをおこなわないと上記と同じようにウィルスのリスクが高くなります。


【新潟市西区】地域最安値パソコン修理専門店アテック
タイトルとURLをコピーしました